県立広島大学 レモンのレシピで県民の健康づくりを応援したい!

クラウドファンディングプロジェクト:県立広島大学 レモンのレシピで県民の健康づくりを応援したい!
実施確定
  • このプロジェクトは
    2018/05/23に終了いたしました。
    応援いただき、ありがとうございました。
  • 売れたチケット数
    453
  • 集まっている金額
    ¥906,000
151%
目標金額 ¥600,000
このプロジェクトは目標達成型です。
広島の日本一といえば、やっぱりレモン。レモンにはカルシウムの吸収を助けるなど、健康づくりに役立つ効能がいっぱい。次の冬、お店に広島県産のレモンが並ぶころ、私たち「管理栄養士のたまご」が作ったレシピを店頭でお配りし、健康づくりのお手伝いをしたい。そんな大きな夢をみて始めるプロジェクトです。
    • レモンは素晴らしい食材! 

    • 私たちは、健康科学科の3年次生12人、通称「レモン組」です。2年生の9月、けんひろ(県立広島大学)とポッカサッポロ社の産学連携シンポジウム「広島はレモンで健康じゃ!・レモン大学」で、レモンの栄養とおいしさを活かした、子供や女性、高齢者向けのレシピを提案しました。

      管理栄養士を目指す学修が本格化する夏、夏休み返上で試作を繰り返し、授業とは別に先生方に栄養計算の仕方を指導していただいて・・・レモンの酸味を活かして減塩,皮の香りを活かして食欲増進,酸味・苦味・香りでコクを出す。「管理栄養士のたまご」の目から見たレモンは、素晴らしい食材でした。
      • クラウドファンディングに挑戦!

      • 「レモン大学」の日、私たちはシンポジウムでの発表・レモンを使った料理・お菓子のレシピ提案、ご来場いただいた皆さまへのレモンを使ったお菓子「レモンスコーン」の提供などを行いました。イベントには広告から看板など、準備することや考えることがたくさんあり、大変でしたが、レシピやスコーンをご来場の皆さまが喜んで受け取って下さったのがうれしくて、「やって良かった」と思いました。4年次生や大学院生、教職員の方々にもご協力いただき、とても良い経験をすることができました(山本実花さん)。

        今回、レモンのことを深く学ぶことができ、多くの使い道があることがわかりました。それまで、ごはんとレモンを組み合わせた料理をしたことはありませんでしたが、「レモンチャーハン」や「れもんちらしずし」はとても美味しく、他の組み合わせにも挑戦してみたいと思いました。たくさんの方々にレモンの魅力を知っていただけたのではないかと思います(柏原侑里枝さん)。

        自分達がレシピから考え、作った物を多くの方々に提供するというのは初めての体験でした。喜んでもらえるか不安な気持ちもありましたが「美味しかったよ」と言っていただいたとき、うれしさとやりがいを感じました。たくさんの方に訪れていただき、「こんなレシピ集ほしかった!」「レモンスコーン美味しかった!」など、うれしいお言葉をいただくことができました(渡部真子さん)。
      • 当初の予定では、私たちの「レモンのレシピ」、この日お配りして終わりなのですが・・・ご指導いただいた先生方から、「今度、中国新聞社さんがクラウドファンディングを始めるらしい。皆さんが作ったレシピで、レモンを活かした健康づくり、を訴えてみよう」と、声をかけていただきました。

        先生方から、ポッカサッポロ社さんや事務局にお声がけいただき、「お店でレシピを配ってみよう」「レモン農家にも応援してもらおう」など話が進みました。そして、「広島県産のレモンがスーパーに並ぶころ、レモンの横に『レモンのレシピを載せた新聞』タワーを作って配布しよう」という企画になりました。

        私たちは、4月から4年次生。病院や施設での実習や、就職活動が待っています。その中で、時間を作って、レシピの選定やレイアウトづくりを進めて行きます。黄色く色づいた広島県産のレモンがお店に並ぶ12月中旬、私たちが店頭で「レモンのレシピ新聞」をお配りしたいと思います。健康づくりへのレモンの活用、レモンの消費拡大に少しでもお役に立てたら、うれしいなと思っています。
      • レモン、「骨粗しょう症」予防に、役立ちます!

      • けんひろ(県立広島大学)、はレモンと関わりの深い大学です。広島、庄原、三原の3つのキャンパスで、それぞれの専門性を活かし、レモンがどのように健康に役立つのか、どんな効果があるのかを研究し、イベントなどを通じて発信してきました。今回は、三原キャンパスの飯田教授に、レモンの効能をお聞きしました。
      • 飯田先生が着目しているのは、レモンの酸っぱさのもとであるクエン酸。「乳製品と組み合わせると、乳製品内のカルシウムをクエン酸が包み込むことで、腸からのカルシウム吸収がよくなります」(飯田教授)。年を取ることで、腸からのカルシウム吸収率が低下し、骨に蓄えているカルシウムを使って補います。この現象が進むことで「骨粗しょう症」になりやすくなります。
      • 骨の強さを示す骨密度は,女性では20代から40歳頃がピークで,その後は減少傾向になります。普段からコツコツとカルシウムを摂ることが大切です。カルシウムを摂ることは中高年の方のみと思われがちですが,子供のころから摂取することで骨密度のピークを底上げすることができ,骨粗しょう症の予防にも繋がります。したがって,いずれの世代の方もカルシウムを摂ることが大切です。

        飯田先生のおすすめは「レモンのラッシー」。牛乳やヨーグルトなどのカルシウムを含む乳製品とレモン果汁を混ぜ合わせた手軽なカルシウム補給飲料です。レモン組のレシピも「カルシウム+レモン」に着目しています。

        レモンのラッシーには、お気を付けていただきたい点もあります。「蜂蜜を使用するため、1歳未満のお子様の飲用はお控えください。また、牛乳アレルギーのある方には適しません。しかし、牛乳アレルギーはあるが大豆アレルギーのない方は、カルシウムを含む豆乳でも、同様のレモンによるカルシウム吸収促進効果が期待できます。」(飯田教授)

        皆さま、上記のお気を付けていただきたい点を踏まえ、ぜひ、お試しください。
      •  
      • レモン農家も応援しています!

      • 2月初旬、事務局が大崎上島町のレモン農家「岩﨑農園」をお訪ねしました。岩﨑さまご家族は、大崎上島に「Ⅰターン」で移住して7年目。島のあちこち7か所で、合計2ヘクタールの果樹園を営む元気な農家です。レモンを中心に、みかん、ブルーベリーを栽培。ご自宅の納屋に加工場を作って、レモンジャムづくりや、レモンを使ったいろんなレシピづくりに取り組まれています。
      • ~けんひろレモン組が「レモンのレシピ新聞」をお配りするという企画、レモン農家の目で見て、いかがでしょう?奥様の岩﨑亜紀さまにお聞きしました。

        「素敵じゃないですか!消費者のお手元に、レモンのレシピをたくさん置いてもらえればと思っています。レモンの料理方法は、まだまだ知られていません。私のところでも、たくさんお買い求めになったお客様から、どう使ったらいいでしょう?といった電話がかかってきたりします。」

        「私も、いろんなレシピを作って発信しています。料理には、完熟した黄色いレモンの皮がおすすめ。みじん切りにして3回ゆでこぼしたレモンピールは、にがみが無くなり、ほんのり甘く、香りも鮮やか。サラダ、タルタルソース、コロッケ、スコーンなど、いろんな料理に使えます。果汁はソースのかわり。」

        ~レモンが黄色く色づくのは、いつごろでしょうか?

        「12月中旬以降ですね。わが家では、12月中旬からどんどん穫り入れていきます。レモンの大敵は寒さです。2月初めの寒波に当たる前に、1月中旬くらいに穫り入れを終えます。2月に入ると、島の南側の畑に残っているくらいです。わが家のレモン、ご覧になりますか?」

        ~大きくて、輝いていますね。ノーワックスですよね。びっくりしました。香りもとても良いです。
      • 「もちろん、ノーワックスです。防腐剤も使っていません。完熟した黄色いレモンは、果汁がしっかり絞れますので、レモンのラッシーにも向いています。わが家では、ハウスでグリーンレモンを栽培していますが、こちらは香りが高く、お酒と相性が良いです。サプリメントに頼るよりも、レモンをしっかり食べてもらいたいです。レモンには、捨てるところが無いんですよ!」

        ~レモン組は、「管理栄養士のたまご」です。

        「これから社会に出て、病院や福祉施設、食品メーカーなどで活躍される皆さんですよね。レモンのチカラを理解して、献立や商品づくりに活かしてもらえるとうれしいです。私の夢は『大崎上島レモン』というブランドを立ち上げること。品質トップレベルのレモンを『卵からかえった』皆さんに届けたいです。応援しています、レモン組!」

        【岩﨑農園】 〒725-0301 広島県豊田郡大崎上島町中野4093-1 ☎0846-64-5353
      •  
      • こんな「レモンのレシピ新聞」作ります!

      • イメージを作ってみました。

        子供向け、高齢者向け、女性向けなどにレイアウトし、読みやすいものを目指します。キッチンに、ずっと、置いていただけるようなデザインの良いものを目指します。

        目標額に達したら、ご協力いただけるスーパーやお店をお訪ねさせていただこうと思っています。
      • ご支援いただいた皆さまへのお礼

      • 今回の私たちの企画をご支援くださった皆さまに、次のお礼(リターン)を送らせていただきます。

        レモン組の「レモンのレシピ新聞」と「ラッシーシェイカー」、完熟した「大崎上島産レモン(4~5個)」のセットです。このセット、レモンラッシーの「おためしセット」であり「大崎上島産レモン」を使ったお料理の「チャレンジセット」です。皆さまの「レモンのレシピで健康づくり」にお役立てください。

        なお、リターンの発送はレモンが完熟する12月中旬以降となりますので、皆さまどうぞご理解ください(レモンの生育状況によって多少遅れることもありますので、あらかじめご了承ください。)。

        皆さま、どうぞご支援ください。
      • このセットの企画は、ポッカサッポロフード&ビバレッジ(株)様、岩崎農園様にご協力いただいております。

    プロジェクトオーナーのプロフィール

    F24aa292d12e7a29c7365e7e3b9d28eea15fd32c

    県立広島大学 けんひろレモンの事務局

    レモンの力で県民の健康づくりを応援していきたい。そんな想いを共有する、広島、庄原、三原の3つのキャンパスの教員、職員が連携して、このプロジェクトの事務局を担います。この取り組みに賛同する学生たちもいっしょに活動していきます。今後も、次々と企画していきます。どうぞよろしくお願いいたします。
    お問い合わせ
    販売チケット

    販売チケット一覧

    特定商取引法に基づく表示

      販売業者
      公立大学法人 県立広島大学

      販売責任者
      中村健一

      所在地
      広島市南区宇品東1丁目1-71

      連絡先
      電話:082-251-9939
      メール:cf-kenhiro@pu-hiroshima.ac.jp

      販売価格
      プロジェクトページの記載をご確認ください。価格は税込です。

      商品代金以外に必要な料金
      なし

      お支払い方法
      クレジットカード(VISA/Master)によりお支払いいただけます。

      お支払い時期
      【目標達成型】
      プロジェクトが成立した時に決済が行われます。すでに成立しているプロジェクトの商品を購入した場合は、商品購入時に決済します。
      プロジェクトが目標金額に達しなかった場合、プロジェクトは不成立となり、決済はされません。
      【実行確約型/】
      商品購入時に決済します。

      商品(チケット記載内容)のお引渡し時期
      商品の引渡し時期またはサービスの提供時期は、プロジェクトページの記載をご確認ください。

      キャンセルの可否と条件
      【目標達成型】
      プロジェクトが未成立の場合に限り、商品の購入をキャンセルすることが出来ます。ただし、プロジェクトの募集期間終了まで残り8日未満の場合はキャンセルできません。
      【実行確約型】
      キャンセルはできません。