自宅で、最新シアター並みの立体音響を体感!
11.2ch卵型チェアスピーカー「VRS-1」

実施確定
  • 残り時間
  • 売れたチケット数
    0
  • 集まっている金額
    ¥0
0%
目標金額 ¥875,000
このプロジェクトは実行確約型です。
ドルビーアトモスにフル対応した、椅子型スピーカー。卵型の硬いシェル内には、視聴者を取り囲むように、重低音用を含む14個のスピーカーを配置。あたかもその場に居るような臨場感で、映画やゲーム、VRの世界に没入できます。組み立ても簡単。遮音性が高く、マンションや個室でも周りに気兼ねなく大音量で楽しめます。
    • 11.2 Channel Chair Style Speaker "VRS-1"

    • その中は、音に包まれた別世界

    • 11.2chチェアスピーカー「VRS-1」は、最新シアター並みの立体音響を楽しめる、椅子型スピーカーです。

      卵型のシェル内面には、視聴者を取り囲むように14個のスピーカーを配置。ドルビー社の最新(※)シネマ用立体音響技術「Dolby Atomos(ドルビーアトモス)」にもフルに対応。

      スピーカーのデザインから音作り、ユニットの設計まで、全て新規に開発した、弊社のオリジナル商品です。

      ※弊社調べ
       
    • イベント出展やメディア掲載多数

    • 「J-WAVE INNOVATION WORLD FESTA 2018」出展(9月29日(土))
    • 2018年5月の販売以来、「東京ゲームショウ2018」や「INNOVATION WORLD FESTA 2018」などのイベントに出展し、毎回行列ができるほどの人気です。
      各種メディアにも取り上げていただいております。

      ホームシアターをご存知の方にはお求めやすい価格だと言われますが、より多くの方に楽しんでいただくため、クラウドファンディング限定、さらに約18万円OFFの特別価格でご提供させていただきます。
       
    • ドルビーアトモスの立体音響を楽しむ

    • 映画館の音響を家庭で再現できるドルビーアトモス(※)の立体音響の中で、映画を見たりゲームを行ったりすると、前はもとより横や後ろ、さらには上方からの音など、平面音響と比べて臨場感がまるで違います。

      ※Dolby Atomos(ドルビーアトモス)
      従来の横方向の広がりに加え、頭上を含むあらゆる方向からの音を表現できるサウンドフォーマット。家庭で体感するには、一般的に天井にスピーカーを取り付ける必要がある。

       
    • 卵の外に音が漏れにくい

    • 遮音性が高いシェルと内面の吸音材により、音が外に漏れにくく、周りの騒音も入りにくい設計です。
      また、フロントスピーカーもシェル内に内臓しているため、前方にスピーカーを置く必要がありません。

      チェアスピーカーを窓の方に向けて、外の景色を眺めながら、周りの騒音を気にせず音楽を楽しむことができます。
       
    • 優れた技術力により実現した、美しいフォルムと圧倒的な性能

    • また、高音には設計者自身が特許(※)を取得した、超高音にまで対応したスピーカーを使用しています。
    • 4K大画面テレビの前にこのVRS-1を設置して映画を観ると、視野一杯に広がる画面と、自分の周りを自然に飛び交う立体音響の相乗効果により、いっそう臨場感が高まります。
      VRS-1を体感したほとんどの方がその臨場感に感動し、「この中は映画館以上だ」と言ってくださいます。

      さらに、高画質なVR(バーチャルリアリティー)では、音も映像もヘッドホーンを介さずに視聴できるため、VRを観るというよりVRの世界の中に居るような錯覚さえ覚えます。
      人が横から耳元でささやく場面では、本当に耳元でささやかれていると思えるほどリアルです。
      VRS-1は、究極のVR用スピーカーとも言えるでしょう。

      ※特許番号:3660188
       
    • 迫力の11.2チャンネルサウンド

    • フロント、センター、サラウンド用スピーカーを備えており、背中の大きな青い箱がサブウーファー(重低音専用スピーカー)です。

      シェル内面は約5cmもの厚い吸音材で覆われています。
      スピーカーから出た音が反射音により別の仮想位置を持ちにくいため、それぞれのスピーカーは明瞭な定位を持つことができます。

      例えば、背面から上方を通ってフロントに飛んでいくミサイルなどの音も、きちんと再生できます。
       
    • こだわりの音質

    • ウーファー(低音専用スピーカー)
    • フロント及びセンタースピーカーのウーファー(低音専用スピーカー)には、大きな音でもうるさくなく、きれいに聞こえるアルミコーンを採用。これを、強力なネオジウムマグネットで駆動しています。
      さらに、ツイーター(高音専用スピーカー)には可聴周波数の2倍の40KHzまでピストンモーションで再生するオリジナル構造のツイーターを使用し、より自然な音を実現しています。

      また、透明感のある自然な音を追求するため、ネットワーク機器にも高性能の「ポリプロピレンフィルムコンデンサー」や「空芯コイル」を使用。キャビネットにも何度も視聴を繰り返した厳選素材を使用しました。
       
    • 組み立ても簡単

    • またスピーカーは上下とスタンドに三分割でき、一般的な家庭のドアなら搬入可能。
      組み立ても二人いれば簡単です。
      今までのホームシアターのように、壁や天井にスピーカーを取り付けたり配線したりする必要はありません。

      転倒試験もクリアしており、マンションでも気軽に導入しやすい製品になっています。
       
    • カラーバリエーション

    • 定番カラー(オレンジクッション)

    • 長時間座っても疲れにくいクッションです。
       
    • クラウドファンディング限定カラー(グレークッション)

      • クッションカラーがグレーの、特別バージョンをご用意しました。
         
      • 内装

      • (左)クッション(中央)ヘッドレスト(右)サブウーファー

         
      • (左)VRS-1上部シェルの内面側。黒い楕円はフロントLR及びセンタースピーカー。オレンジはサラウンドスピーカー
        (中央)サラウンドスピーカー(右)「VRS-1」背面

         
      • 視聴イメージ

      • スピーカーとテレビの設置スペース

      • (左)55インチのテレビを使用したAV・VRシステムの設置スペースは1.5m x 2m、65インチでは1.6m x 2.2m 程度となります。
        左右はどちらを空けても問題ありません。
        (右)6帖間の書斎に55インチのテレビと組み合わせて設置した場合の、レイアウトイメージです。
         
      • テレビのサイズと視聴距離について

      • このスピーカーは、55~65インチの4Kテレビと組み合わせることを前提に作られています
        これは、スピーカーに座ったままテレビ台に設置したアンプ類に手が届き、かつ、画面がほぼ視野いっぱいになるテレビの大きさとなります。

        55インチ4K画面の場合、視聴距離は一般的に103cm程度が良いとされています。
        このスピーカーの顔の位置は脚中心よりほぼ3cm程度後方になるため、画面と脚中心との距離は1mになります。
        しかし、最適な視聴距離(画素の粗さが気にならず、画面の視野角を大きくとれるように近づくことのできる最短距離)は、視力によって大きく異なります。
        参考に、画面サイズ、視力と最適視聴距離の一覧表を作りましたので、ご参照ください。

        例えば、視力が1.0以上の方が55インチのテレビを103cmの距離で観ると、画面の画素が見えてしまいます。
        この場合、画素を気にせずに観るか、もう少し小さい4Kテレビを選択するか、テレビとの距離をもう少し離す形になります。
        (8Kテレビが一般的になれば、この問題は解決します)
      • AVアンプのセッティング

      • より自然な音の再生には、AVアンプのセッティングが非常に重要です。
        距離の計算及びピンクノイズ+A-カーブによる音圧測定に基づく設定値を下記に示します。
        実際の視聴においてはソフト側の要素も加わるため、最適値についてはこの値をベースにさらに調整を行ってください。

        ※AVアンプはDENON AVR-X6400H。
        サブウーファー用アンプはDENON PMA-390REを使用し Vol.5の状態で使用。
      • 主な仕様

      • ・モデル : VRS-1
        ・フロントL/Rスピーカー:8cm 2-Way 8 Ω max. 100W(Peak 200W)×各1
        ・センタースピーカー:8cm 2-Way max. 100W(Peak 200W) 8Ω x 2(左右配置による仮想センター再生方式)
        ・サラウンドスピーカー:5cm 8Ω max. 100W(Peak 200W)x 8(サイドL/R × 各1 + リア L/R 各1 + 天井 x 4)
        ・サブウーファー L/R:16cm max. 150W(Peak 300W)8Ω x 1
        ・スピーカーケーブル(※1):4m(ケーブル終端:バナナプラグ)
        ・クッション:座面、左右肘掛、背当て
        ・トレイ、 携帯置き用パッド(※2)
        ・外形寸法(※3):W995 x H1,340 x D1,080 mm(最小幅:70cm)
        ・重量:93Kg ( 購入時は上部 23Kg、下部 44Kg、脚部 26Kgに三分割します)

        ※1…スピーカーからL、R、サブウーファー用の3本が出て、終端で11.2チャンネル分のケーブルに分岐しております。サブウーファーも含め全てパッシブスピーカーで、アンプは内臓しておりません。視聴には、AVアンプ及びサブウーファー用ステレオアンプの両方が必要です。
        ※2…パッド背面にはマグネットが付いております。カップトレイとして使用する場合、トレイからパッドを取り外し、トレイ裏面に貼り付けておくことができます。
        ※3…購入前に搬入可能かご確認ください。
         
      • 付属品

      • ・ヘッドレスト及びヘッドレスト取り付け用蝶ネジ
        ・高さ調整リング: 20mm、30mm x各1
        ・2→1変換プラグ赤・黒 x 各1(センタースピーカー端子用)
        ・トレイ取り外し用6角レンチ x1(トレイの位置を左右で付け替える時に使用します)
         
      • システム構成例

      • AV鑑賞、VR・ゲーム鑑賞にはVRS-1の他に、下記の機器を必要に応じてご用意していただく必要があります。
        ・AV Amp. : 11.2 Ch AV Amp(少なくとも7.1ch以上が必要)
        ・Stereo Amp : Pre-Main Amp. または power Amp.
        ・TV: 50~55 inch 4KTV 推奨
        ・ Blu-ray プレーヤー
        ・ Game : Play Station 4-Pro.など
        ・ VR Head set : Play Station VRなど

        なお、VRS-1の性能を生かすために、AVアンプをVRS-1に合わせて調整していただく必要があります。
        ※詳しくは、AVアンプの取扱説明書をご参照ください。

        クラウドファンディングでVRS-1をご購入された方で、ご希望の方には、スピーカー納品時にAVアンプの調整もいたします。

        商品保証期間:外観部品1年間、機能部品( スピーカー、ネットワーク、ケーブル )5年間
         
      • 私が作りました

      • はじめまして、オーディオハート株式会社・代表取締役の相澤 寛です。

        3年ほど前、アメリカのCEDIA会場に置いてあった丸い椅子。60年以上前に生み出された、エーロアールニオデザインのボールチェアに座った時、周りの騒音を遮断する、その音響特性に感動し、「これをベースにドルビーアトモス対応スピーカーを作ったら、すばらしいものができる」と直感しました。

        一緒に居たOEMメーカーの社長を巻き込み、開発をスタート。
        小さなスペースに14個もの高音質スピーカーを詰め込むため、スピーカーユニットから新たに開発しました。
        建築を学んだ娘も巻き込んで(笑)

        クッションやヘッドレストなどは専門外の分野でしたので苦労しましたが、長時間座っても疲れないよう、形状やクッション材質など何度も試作を繰り返し、細部までこだわりました。

        すばらしい立体音響と映像が合わさると、ただのテレビとは別次元になりますので、ぜひご体感ください。
         
      • 「東京ゲームショウ2018」出展

      • 東京ゲームショウ2018に出展した際、たくさんの方が弊社のブースにお越しくださいました。

        長い行列ができてしまい、順番待ちの方には忍耐強く待っていただきましたが、視聴後は皆さまとても興奮のご様子で、「これが家にあったらいいなぁ。」とおっしゃっていました。

        ※東京ゲームショウ2018 ビジネスデー:9/20(木)・21(金) / 一般公開:9月22(土)・9月23(日)
         
      • メディア掲載

      • 2018.07.01『日経MJ新聞』「注目の一台」で紹介されました。
        2018.06.15『月刊HiVi』2018年7月号「p204ハイヴィズム」で紹介されました。
        2018.05.30『ホームシアターファイル』vol.86「p50、51」で紹介されました。
        2018.05.17『月刊HiVi』2018年6月号「p12ハイヴィズム」で紹介されました。
        2018.05.07『LinkIcon毎日新聞夕刊』「POPSこぼれっ話」で紹介されました。
        2018.05.02『MONOマガジン』2018年5月16日情報号「p105」で紹介されました。
        2018.04.23『Stereo Sound online』で紹介されました。
         
      • 試聴

      • 下記にて試聴可能です。

        1. ONKYO BASE
            ・住所:東京都千代田区神田須田町1丁目25−4
             mAAch ecute KANDA MANSEIBASHI 内 (JR秋葉原駅電気街口から徒歩4分) 
             ・TEL:080-8310-6278 
             ・営業時間:11:00~20:00 (定休日:不定休)
             ・URL: http://onkyodirect.jp/shop/pages/ONKYOBASE_ACCESS.aspx

        2. 弊社(オーディオハート株式会社)
             ・住所:千葉県柏市高柳1-9-14
             ・TEL:04-7193-2608 / 担当:相澤 090-2533-5906(平日・休祭日10:00~18:00)
             ・メール:info@audio-heart.co.jp
         
      • 使用上の注意

      • このスピーカーは、仮想音像により定位感を実現しています。定位感の発達がまだ未熟な12歳以下の子供が利用しないようご注意願います。

        また、各スピーカーと耳との距離が近いため、それほど大きなボリュームを出さなくても音量感が得られ、スピーカー内の音が外に出にくい遮音効果があります。

        しかし、重低音は音が非常に遠くまで伝わりやすく、スピーカーのダイナミックレンジが広いため、つい大きな音量で聞いてしまいがちです。

        サブウーファーがなくても、メインスピーカー・センタースピーカーだけでも十分楽しめるだけの音域を持っております。
        深夜でのご使用の際には、サブウーファーのボリュームを下げたり、サブウーファーのアンプの電源を切って使用するなどの、ご配慮をお願いします。
      • ※使用に関しましては、チケットページに記載のQ&Aも併せてご参照ください。
      • オーディオハートホームページ

    プロジェクトオーナーのプロフィール

    7c90c94f9eadf67d21c2d87f05b43023a410b4f2

    オーディオハート株式会社

    オーディオハート株式会社は、2018年に生まれた日本の会社です。オーナー兼設計者は、スピーカユニット設計・スピーカシステム設計・メカニカル設計・音響設計はもとより、商品企画・製造管理・品質保証・貿易・物流・OEM管理・営業統括など一通りの経験を積んでいます。さらに、世界15カ国以上のメーカー設計者とともにハイファイ用スピーカーの他、スタジオモニター、カラオケ、医療用、水中用など各種スピーカーに携わった豊富な経験の持ち主です。VRS-1は、このエンジニアがシェルに包まれた椅子形スピーカーの可能性を考え、何度も試作を繰り返しながら作り上げました。4K大画面テレビの目の前に、VRS-1を置き、すばらしい音に包まれながら視野一杯の映画・ゲームなどを楽しんでください。
    お問い合わせ
    販売チケット

    販売チケット一覧

    特定商取引法に基づく表示

      販売業者
      オーディオハート株式会社

      販売責任者
      相澤 寛

      所在地
      277-0941 千葉県柏市高柳1丁目9番地14

      連絡先
      電話:04-7193-2608

      販売価格
      プロジェクトページの記載をご確認ください。価格は税込です。

      商品代金以外に必要な料金
      なし

      お支払い方法
      クレジットカード(VISA/Master)によりお支払いいただけます。

      お支払い時期
      商品購入時に決済します。

      商品(チケット記載内容)のお引渡し時期
      商品の引渡し時期またはサービスの提供時期は、プロジェクトページの記載をご確認ください。

      キャンセルの可否と条件
      キャンセルはできません。
      目標達成型、実行確約型を問わず決済完了後の返金は一切できません。